Fediverseとの出会い、鯖の運営、ここまでの軌跡

この記事は Fediverse Advent Calendar 2020の第四会場16日目の記事です。

noteとかに書こうと思ったんですが、せっかく先日ブログをリニューアルしたので、自分のブログに書いてみます。

まずは僕のTwitterのフォロワー向けのご挨拶。
どうも、みなとです。

まず最初にみなさんはFediverseってなんや?って思ってると思いますが、簡単に説明すると

TwitterみたいなSNSがたくさん相互につながった巨大なネットワークと思えばいいです。

そしてその一つ一つのTwitterみたいなSNSは、個人だったり企業だったりが運営しています。

そしてその大きなFediverseの中に鎮座している一つのサーバー「misskey.open-w.net」を管理しているのが、私です。

次にFediverseのみなさんにご挨拶。
始めまして、巳波みなとです。

先述したように、misskey.open-w.netというMisskey鯖の鯖缶をしています。

今回はMisskey見てたらたまたま見つけたこのアドベントカレンダーに、小さい鯖の鯖缶ですが投稿させてもらおうと思います。

この記事では、なぜFediverseを見つけ、参加したのか。なぜ一銭も入らないのに鯖缶をやっているのか。

について話していきたいと思います。

Fediverseとの出会い

簡単に言うと、Twitterに疲れて行き着いたのがここ、という感じです。

Fediverseのみんなほとんどそうでしょ?あたい知ってるよ

確かePiさんから教えてもらったんじゃないかなと思っています。本当かは知りませんけど。

Image from Gyazo

Misskeyをはじめよう

このサイトを見て、「なんか面白そ~だな~」「てか和製なのかこれすごいな」と思った気がします。

そんなわけで、Misskey.ioがまだxyzだった時代に、Misskeyへ突入しました。

Misskey.xyzでの生活

なんかオセロばっかやってた記憶しかないですね。
あとはグローバルの流れの速さにめっちゃ驚きましたね。

ローカルはかなり内輪ノリな雰囲気で、入っていくのに苦労しましたが、一方で「はじめました!」と投稿するとめっちゃリアクション付くみたいなことがあって、それはかなり良かったですね。

でも一方で、やっぱり自分にはTwitterのほうが向いているなと感じて、徐々にMisskeyから離れていきます。

Twitter危機

Twitterが、「エロ絵師凍結するぜ」みたいなことになって(本当は今までと対して変わってなかったんだけど)一斉にPawooに流れ込んだことありましたよね。
その時に同時に僕もPawooに逃げ込みました。

それがFediverseとの再会でしたね。

でも、「あ、Pawoo合わないな」と思って、次はmstdn.jpに行きました。
ここでもなんか違う感があって、結局またMisskeyに戻ってきました。

Misskey.ioでの生活

なんかMisskey.xyzがいつの間にか飛んでいて、Misskey.ioになりました。

LTLたのし~~~~~~~~っていって生活していたら、ここで

Misskey.ioのLTLが廃止されました。
原因は、開発者であるしゅいろさんがそもそもLTLが好きじゃなかったことが原因だった気がします。

ともかく、LTLしか使っていなかった私はどうしようかと思いました。
そこで思いついたのが、「自鯖でMisskey.ioと連合すれば、実質LTLじゃん」ということでした。

自鯖での生活

Nginxのリバースプロキシ設定に苦戦しつつも、なんとかサーバーを開けることができました。

鯖機はマイクラサーバーとして稼働していた自宅サーバーに、Minecraftと共存させる形で稼働。

そこそこ楽しい生活を送っています。

Twitterでは言えないようなことを投稿したり、MisskeyやMastodonならではのガジェトークを覗いたりしています。

現在はマイクラ鯖と分断して、自宅に転がっていた低スペPC上で動いていますが、非常に快適です。

なんで鯖缶やってるの?

理由は一つ、なんでも自由にできるからです。

自分の裁量で機能を取り込んだり、自分の連合したい場所だけ連合したり、なんでも思い通りです。

マジで最高。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
これがFediverseとの出会い、そして現在までの軌跡です。

これを参考にしてもしなくてもいいですが、よいFediverseライフを。

↓ウチの鯖です。登録自由です。
OpenWorld.net

限界映像大会が第100回になります

2018年12月19日に第1回限界映像大会が開催されてから、1年6ヶ月と22日。
本日2020年7月11日に限界映像大会は第100回を迎えます。

多くの人に支えられて限界映像大会はここまでこれました。
本当にありがとうございました。

限界大会は、最初は限界創作村というコミュニティーサーバーのモデリング大会から始まり、限界大会公式サーバーができ、その後限界映像大会などの大会を増やし、ここまで運営してきました。
途中なんども運営を断念しようとしたりしましたが、多くの人に支えられ、これまで続いています。

これはひとえに参加して頂いている皆様のおかげです。ありがとうございます。
また、限界映像大会への楽曲利用に協力していただいた作曲者の皆様に、この場を借りてお礼申しあげます。

100回という数字、運営である私自信が1番現実味がありません。
どうしてこうなってしまったんだ。。。。。。。。。。。。。

さて、これからも限界大会は続いていきます。
どうかご支援、ご参加、よろしくお願いします!

限界大会への参加はこちら
限界大会 - TeamOpenWorld

エピソード募集してます↑

ko-fi