山梨に行ってきた day 1

山梨に行ってきた

コロナ禍ではありますが、消毒やらマスクやらを徹底すればある程度は大丈夫だろうと思い山梨に旅行に行ってきました。
今回はそのレポートです。

そもそも最初はキャンプに行く予定だったのですが、一日しかキャンプの予定が取れず急遽素泊まりプランで宿を予約しました。

一日目 2020年8月10日

一日目は昼に家を出ました。

家で飯食って埼玉から車で大体2時間。割と近いなぁという印象です。

余談ですが、Twitterに走っている高速道路の画像を投稿したら一瞬で特定されて怖かったです。
みなさんは気をつけましょう。

途中、富士山が見えましたが普通に曇っていて悲しかったです。
この日は雲が多かった。

消毒やらマスクやらを徹底とか言った手前あれなんですが、初めは富士急ハイランドに行きました。

理由は高速おりたらすぐあったからですね。

(今回の旅は行き当たりばったりで、まったく定まっていない)

富士急ハイランドのコロナ対策はすごくて、とりあえずどこもかしこもソーシャルディスタンスだし、どこにでも消毒液があります。
アトラクション入り口で消毒、出口で消毒、道中で消毒、飯食ったら消毒………………………………….

かなり安心できるなぁと思いました。てかあれどんだけアルコール消費するんだろ

コロナの影響か知りませんがFUJIYAMAとかは20分くらいで乗れました。

叫ぶのが禁止されていて、みんな耐えていて面白かったです。

感染症対策ができない、従業員が誘導しないタイプ(ミニゴーカートや動くくるまとか)はそもそも稼働してませんでした。

あと、富士急ハイランドは顔認証を採用していて、最初に入園する際に自分の顔情報を登録、その都度アトラクションで認証します。

これによりチケット拝見する手間が省けるし、客の行動履歴が残るのであとあと調査しやすいんだろうなぁと思いました。

泊まったホテルは「リゾートイン富士橋」です。

富士急からも近く、立地は良いと思うんですが、なんとこの日は我が家だけでした。
他の客は1人も居なかったです。

これがコロナの影響かどうかは知りませんが、そうだったとしたら想像の数倍観光業界は大打撃受けてるんだろうなぁと思いました。

僕らしか居なかったので、大きな部屋にしてくれたらしいです。
ありがとう。

部屋は普通の和室でしたが、トイレは共用のためなく、浴室も共用となっています。
また、冷蔵庫がありません(泣)

アメニティもあると思ってたのでビックリしました。が、宿泊料がやすいので文句は言えませんね。

コンビニが徒歩二分くらいのとこにあるのでそこで調達しましょう。
大体のものは揃うはず。

夕飯付きのプランではなかったので、夕飯はホテルから徒歩2分くらいのバーミヤンに行きました。

上で書いたコンビニと同じところにあります。

バーミヤンは美味しかったんですが、めちゃくちゃ店員が雑だったのと、忙しくて早くあげすぎたのか唐揚げがめっちゃ生でした。殺す気か。

それ以外はよかったです。辛い餃子めちゃうまかった。

その後ファミマでおつまみ買ってホテルに戻りました。

ちなみにWi-Fiはなんとあります。
すべての階のすべての部屋で使えます。

SPEEDTESTの結果です。

朝も夜も平均して20Mbpsは出ました。

ちゃんと使えるWi-Fiだ・・・・!!

ちなみにルーターはBuffalo使ってるみたいでした。

最後に一個不満点ですが、エアコン稼働させたらめっちゃ埃出てきました

なんでよ

そんな感じで一日目は終了です。

2020年8月5日

トマトトーストを作った。めちゃくちゃおいしかったのでまた作りたい。

朝4時くらいに起きてすこし作業、その後noteを読み漁ってた。

今回調べたテーマは「いかに妥協するか」

運営しているTeamOpenWorldで、理想を追求するあまり1人が病んでしまう事案が発生した。
ぶっちゃけ僕も理想を追い求めすぎだと思った。

でもどこまで理想を追い求めるか、どこまで妥協するか、明確な基準を僕は知らない。

だから調べた。というか自分の結論を出すためのリファレンスを探した。

妥協する力|やまかず|note

こんなnoteを見つけた。
少しこころが軽くなったが、まだ結論には至らない。

もっと調べる必要がある。

一つ気づいたことがある。
僕は完璧主義がきらいだ。

それは自分みたいだからだと思う。

少し前、僕は完璧主義者だった。
完璧を追求して、完璧にならないと、投げた。

完璧主義をやめるきっかけは、通話のノリで初めた企画だった。

完璧主義ではなく、できることを、できる範囲で解決した。
その結果、爆速で、ちゃんとした面白い企画を作ることができた。

完璧主義はダメだ。
ハッキリ言う。

完璧主義でいいことなんか何一つ無い。

完璧主義は仕事にならない。
何も作れない、何も生み出せない。
見てるとイライラする。周りが迷惑する。

重要なのは、できる範囲でできることを最大限にやること。
クオリティアップはもちろん大切だ。でもそれを追い求めすぎると人はいなくなる。
というか、追い求めていたらキリがない。

できる範囲で最大限の努力をする。それが大切だ。

あと、修正を頼む人はもっと責任持ったほうが良いと思う。
責任を持たない修正は、大企業の「これやっといて!できるよね?w」と同じだと思ってる。
結構最低。というか大嫌いだ。
修正が、相手にどんな印象やどんな影響を与えるのかもっと考えろ
というか、考えてくれ。マジで。

上の日記は朝書いたものだけど、今見返すとめちゃくちゃ怒ってますね。こっわ。

午後もいろいろ読み漁りました。

任天堂の岩田社長の「やったほうがよいこと」と「やるべきこと」は分けて考えて、やるべきことに優先順位を付けてやる。

やったほうがよいことを全てやっていると倒れてしまう

という考えに感銘を受けました。

自分が目指すべき経営者はこの人だと思いました。

今日はなんかとりあえずこのへんで

2020年8月4日

昨日

私はまるで何かに追われるように毎日プログラミングや運営をしていますが、毎日する必要は無いんじゃないかと考えました

でもそう思って、改めて考えると、やっぱり毎日やらないと終わらないなとも思いました。

と書きましたが、これについてもう一度考えてみました。
私ががんばる理由は、おそらく「実現」です

プログラムやネットでの活動は、自分の目指す未来を必ず叶えてくれる、そう信じているからだと思いました。

また、これはNEWGAME!の涼風青葉に似ているなぁと思いました。


ここから下は、翌日に昨日を振り返る感じで書いています。

昨日はバイトでした。
トレーニングが終わり、初めてまともな仕事をさせてもらえる日でした。

先輩と店長がめちゃくちゃ優しく、おれもこんな人になりたいなぁと心底思いました。

私のバイト先は、某M看板のファストフード店です。

初めて作ったバーガー(バイトではサンドイッチと言います)を提供したときは、とても嬉しかったです。
また、バイトをすることで普段利用している店が衛生に非常に気を使ってるということを認識できてよかったです。

他にも昨日は、運営している団体で衝突があったりしました。
これは僕も悪いんですが、普通にカッとなってしまいました。

でもたぶんいつかは言うことになってたであろう衝突なので、早めに解決できるのであればそれに越したことはないかな。

まぁまだ解決したわけではないので、そこは今後、いろいろまとめて行ければと思っています。

そんなことがあり、最近は自分の運営に対する不信感があります。

本当は自分は運営に適していないのではないかという気持ちがずっとあります。
他の団体はどんな感じで運営してるんですかね?非常に気になります。

2020年8月3日

いつまで続くかわからないが、日記を書きます。

理由はいろいろです。主にツイッターがめんどうになった。

今日は寿司を食いました。おいしいですね。
魚べいという寿司やだったんですが、マイナーらしく知らない人が多いみたいです。

主に埼玉にあるチェーンみたいです。おれはよく利用します。
完全オーダー制なので提供がめちゃはやいです。
価格はくら寿司とかスシローとかと同じです。サイドは他のチェーンよりすこし安いかも

そういえば期末が終わりました。結果はお察しです
あんまりよくは無いかな、赤点は取ってないと思う

今日もいろんなことを考えました。運営のこと、プログラムのこと、私の理想。

個人的な意見としては、「データは個人のモノであり、それをだれかが傍受したり、検閲したりしてはならない」と思っているので、ログインはGoogleAuthやTwitterAuthに頼りたくないなと思いました。

ただし私にはまだセキュアなログインを実装する技術がないので、まだ勉強不足だなとも思いました。

理想について考えました。自分が何を目指しているのか、何をしたいのか、何を成し遂げたいのか、何を変えたいのか。
自分の目指す場所がだんだんわからなくなっている気がしています。大変

あとは、理想の伝え方、求め方についても考えました。

誰かに理想を伝えたり、求めたりするときに、一方的に理想を押し付けては行けないと思いました。
相手には相手の理想があって、考えがあって、それを否定するのはひどいと思いました。

自分がしらない、相手は知ってることを言ってもらうのは非常に貴重なことですが、そればっか押し付けられるとさすがに傷ついてしまうなとも思いました。

気持ちいいお布団で寝ました。昼寝です。

朝干した布団が、学校から帰ると、あったかくていい匂いがしました
クーラーを効かせた部屋で、お日様に当たった布団で寝るのはとても気持ちよかったです。

ちょっと前に、「創作って毎日しなくてもよかったんだと気づいた」というツイートをみてドキッとしました。

私はまるで何かに追われるように毎日プログラミングや運営をしていますが、毎日する必要は無いんじゃないかと考えました

でもそう思って、改めて考えると、やっぱり毎日やらないと終わらないなとも思いました。

明日と明後日は休みです。
明日はバイトがありますが、明後日はなにもないです。

たくさんプログラムを書いて、進捗を生みたいと思います。

そういえば、創作で思い出しましたが、映像を作りたいと思ったんでした。

昔は映像を作っていましたが、今はあまり作っていません。
でも、自己表現をしたいのは変わっていなくて、いつか時間を見つけて映像を作りたいと思いました。

頭の中には思い浮かぶんですけどね、映像
なかなかそれを具現化する時間がありません。
いつかはやりたいです

あと、私が所属していた生徒会が崩壊しているみたいです。

酷いと思われるかもしれませんが、ざまあみろと思いました。

人が助言したのにあっさりと裏切るようなこと言うからだバーカとも思いました。

ちなみにこれには下のような経緯があります

最近、自分は考えすぎじゃないかと思っています。

常に何かを考えています。

あるきながら実装を考えたり、運営方針や企画などを考えたりしています。

また、世の中のことを考えることもあります。
たとえば政治とか。

あとは、どうやったら人生がわくわくするかについても考えることがあります。

最近あんまりわくわくしていません。
わくわくしたいので、ずっと考えています。

あとは、皆さん私のことを知らなさすぎだと思います
私はマジでカス人間で、人間でもっとも醜いと思います。

心は黒いし、冗談抜きでいつもだれかを恨んでいます。
もしかしたらあなたも恨まれているかもしれませんよ

そんな心を隠して生きています。ほんとうに同しようもない人間です。

そんな劣等感といっしょに毎日生きています。
この先どうなるんでしょうか

ブログ更新を気づいてもらえていないことが発覚しました。
ブログを更新してるのに「最近更新してる?」と言われるのは腹立つなぁと思いました。

Go言語ことはじめ

環境

  • Windows10
  • Chocolatey導入済み

Go言語の導入

choco install golang を実行すると、Go言語をインストールできます。
更新するときは choco upgrade golang でできます。

VSCodeに拡張機能を導入

Image from Gyazo

拡張機能検索にGoと入力すると、一番上に公式の拡張機能が出てくるのでインストールします。

インストールが終わったら、コマンドパレット(Ctrl+Shift+P)を開き、Go: Install/Update Toolsを検索して、実行します。

すると、拡張機能の動作に必要なツール一式がダウンロードされます。

これで拡張機能の導入は完了です。

書いてみる

hello.goを作成します。
内容を以下のように作成します。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
package main

import (
"fmt"
)

func main() {
fmt.Println("Hello, world.")
}

そして保存、go run hello.goを実行するとHello, world.が実行されます。

解説

package

感覚的にはJavaやC#などの名前空間に近いですが、厳密には違うものみたいです。

これは、importするときに指定される名前です。

基本的にはディレクトリ名を付けることが推奨されていて、例えばappというディレクトリにmain.goを作ったとすると、最初をpackage appとすることが推奨されているということです。

Go Modulesの仕様上、外部からダウンロードしたパッケージと被っても問題ありません。

そこらへんはここに書いてます Goで独自パッケージがimportできない - MinatoNote

そしてこれが最も重要ですが、ルートディレクトリに配置されているプログラムはpackage mainとする必要がります。

そうしないとgo run: cannot run non-main packageというエラーで実行できません。

import

パッケージをimportします。

今回は、fmtというgolangの入出力を司るパッケージをimportしました。

golangには、github上に無数のパッケージが存在していて、go get [repos]というコマンドで簡単にダウンロード、importすることができます。

これによって、開発を高速化することが可能です。

func main()

funcと聞けば関数ということはまぁわかると思うんですが、golangでは、main()という関数が一番最初に実行されます。

なので、func main()としています。

mainパッケージ内では、かならずmain関数を書かなければなりません。

mainパッケージにmain関数が存在しない場合は function main is undeclared in the main package エラーが発生します。

おわり

以上がGo言語ことはじめです。

正直今回は、Goを使う上での目玉機能には全く触れていません。

  • めっっちゃ楽な並列処理
  • ビルドして高速実行できる機能

など、Goには素晴らしい機能が何個かあります。
これはもしかしたら続きの記事を作るかもしれないです。

Goで独自パッケージがimportできない

現在、以下の構成

1
2
3
4
5
warbot-go
├ test
│ └ test.go
├ go.mod
└ hello.go

この状態でhello.goからtest.goをimportできない。
まず、保存しようとするとコードが消える

これはVSCodeに入れているGolintが消してるっぽい
ログには
Not able to determine import path of current package by using cwd: c:\Users\Minato86\repos\MyRepository\warbot-go and Go workspace:
と記録されていた。

まずは今の状況を振り返っておくと

  • go mod init warbot-goでmodを初期化済み
  • go envGO111MODULEはonになっている

というわけで、今はGo Modulesが使える環境が整っているはずです。

main.gotest.goは以下のようになっています

main.go

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
package main

import (
"fmt"
//ここに"warbot-go/test"をimportしたい
)

func main() {
fmt.Println("Hello, world.")
}

test.go

1
2
3
4
5
6
7
8
9
package test

import (
"fmt"
)

func Test() {
fmt.Println("test module ready.")
}

linterを無効にしてみる

2fd55a2ce3bace7661665a70d5dd51c9.png

VSCodeのワークスペース設定から、Lint On Saveをoffにしてみる。

結論からいうと、offにしたのに普通に実行された。
なんでや。と思ったら、どうやらこの動作はlinterの仕業ではなく、formatterの仕業みたい。

formatterを変えてみる

b373f1c941646a7873dc5913665eb082.png

デフォルトのgoreturnsではなく、gofmtに変えてみた。
結論から言えば、うまくいった。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
package main

import (
"fmt"
"warbot-go/test"
)

func main() {
test.Test()
fmt.Println("Hello, world.")
}

消されずにこのように書くことができた。
また、普通に実行できた。

そういえば

Githubでリポジトリを公開する場合、こっちのほうが正しいっぽい

go mod init github.com/chipsnet/warbot-go

あとはimportもgithub.com/chipsnet/warbot-go/testに書き換える。

↓GoなんもわからんからDiscordBotを作っている
GitHub - Chipsnet/warbot-go: WARbot written in golang

Google Drive FileStream上でYarnは使えない

Google Drive File Stream(以下DriveFS)、知ってますか?
GSuiteの人限定で使える、Google Driveを外部ストレージとしてマウントするソフトウェアです。

GSuiteのプランでGoogle Driveを無制限で使用できるようにしておけば、PCの容量を気にせず作業できるので、非常に便利で重宝しています。

DriveFS上でYarnを使いたい

Yarn Pkg(以下Yarn)は、Node.jsのパッケージ管理ソフトです。
npmとかありますが、僕はYarn派です。

んでそのYarnなんですが、DriveFS上で使いたいんですよ。
てかこれ使えないとNode.jsアプリケーション開発できないし。

結論から言うと、無理です。

DriveFS上でYarnは使えない

yarn installを実行すると、以下のエラーが発生します。

1
2
3
error An unexpected error occurred: "EEXIST: file already exists, mkdir 'G:\\path-to-repos\\node_modules\\@electron\\get\\node_modules'".
info If you think this is a bug, please open a bug report with the information provided in "G:\\path-to-repos\\yarn-error.log".
info Visit https://yarnpkg.com/en/docs/cli/install for documentation about this command.

ファイルは既に存在しますというエラーですが、おそらくダウンロードされたファイルから順番にDriveFSによって処理されていくので、それでファイルチェックの整合性が取れなくなっているんじゃないかと思います。

兎にも角にもDriveFSでYarnは使えません。残念。

ちなみに、pipとかは依存関係のインストールをリポジトリフォルダ内ではなくPC内に行うので、PythonとかはDriveFS内で作業できます。

たぶんnpmも同じ感じで依存関係インストールするので、npmもDriveFS内で使えないと思います。はい。

追記:
npmも使えませんでした。

ブラウザを変えたので入れてる拡張機能を紹介する

おはようございます。

俺はBraveブラウザという幻想に縛られている - MinatoNoteで書いたとおり、Braveの呪縛から解き放たれたので、ブラウザを変更しました。

GoogleChrome, Vivaldiを使ってみたんですがしっくりこなかったので、今回はFirefoxを選択しました。
決め手となったのは Firefox Lockwiseです。iOSアプリもあり、AutoFill Passwordsにも対応していたので、丁度いいと思って導入しました。

Chrome系はBlinkというレンダリングエンジンを採用していますが、FirefoxはChromiumベースでは無いため、レンダリングエンジンが異なります。
その関係で拡張機能の互換性が無く、一部の拡張機能は代替になりましたが、BraveからFirefoxに拡張機能を移行したので、どうせなので普段使っている拡張機能を紹介したいと思います。

Wappalyzer(Chrome系, Firefox)

最初はこれ、Wappalyzerです。
開発者のみなさんは割と入れてる人多いんじゃないですかね。

これは、ウェブサイトの使用技術がわかる拡張機能です。

「このサイト、何で作ってるんだろ・・・?」って思うことありますよね?

この拡張機能はそれを解決してくれます。

これは私のブログを見た場合の画面ですが、このようにHexoで作成しているのがバレています。

すげえ。

Refined Github(Chrome系, Firefox)

これはGithubに追加機能を与える拡張機能です。

めちゃくちゃ好きな機能がこれです。

Yoursに私が作成したIssueすべてが入ってます。
CreatedだとPrivateとかが表示されなくて困ってたんですが、これのおかげで万事解決でした。

他にも、MDファイルがソースで表示できる機能やTabインデント機能など、かなり良い機能がたくさんあります。

Githubユーザーは是非入れましょう

Advanced GitHub Notifer(Chrome系: Notifer for Github)

Chrome未対応の拡張機能です。

今まではNotifer for Githubを使っていましたが、こっちのほうが機能が多いのでこっちを採用しました。

その名の通りGithubの通知を表示してくれる拡張機能です。

Notifer for Githubと違うのは、Githubにアクセスしなくても通知を確認できる部分です。

これはかなり便利です。
緊急の場合とそうでない場合が簡単に把握できます。

Link Text and Location Copier(Chrome系: Create Link)

MinatoNote — https://blog.minato86.me/

こんな感じのリンクを生成する拡張機能です。

私はTwitterにリンクを共有するときよくこの拡張機能を使うので、代替がFirefoxにあり助かりました。

というかこれないと死活問題です。。。

MinatoNote

Markdownにも対応しているので、非常に便利です。

Copy Link Text(Chrome系, Firefox)

リンクの文字をコピーする拡張機能です。

リンクのコピーって面倒ですよね。
結構こうなりがち

Image from Gyazo

でもこの拡張機能なら、ワンクリックでコピー可能です。

操作は簡単で、リンク文字の上で右クリック、

リンク文字列をコピー をクリックするだけです。

Twitter メディアダウンローダ(Chrome系, Firefox)

Twitterの画像や動画を保存する拡張機能です。

検索画面などでのダウンロードにも対応していて、めちゃくちゃ使い勝手が良いです。

Twitterの新デザインにもちゃんと対応していて、良かったです。

Gyazo(Firefox 未対応)

一個だけ、移行できない拡張機能がありました。
Gyazoです。

私はGyazoProを使っているので、スクショなどをよくGyazoに保存するんですが、サイト内要素を選択して撮影するのに重宝していました。

しかし、Firefoxの拡張機能ページからは削除されていて、ダウンロードすることはできませんでした。

これに関してはよくわかりません。

2020年7月27日追記
拡張機能復旧してました。Gyazo公式サイトのリンクからダウンロードできます。
めちゃくちゃ不便だったので助かりました

導入している拡張機能はこんな感じです。

よかったら参考にしてみてください。

俺はBraveブラウザという幻想に縛られている

Braveなら、理想のインターネットを作ってくれる。そう信じていた

みなさんはBraveブラウザをご存知だろうか。

2020年6月に月間アクティブユーザー1500万人を達成した、新しいブラウザである。

特徴は

  • 標準搭載のAIによる広告・トラッカーブロック機能
  • 通知型広告を受け取ることでBATという仮想通貨(なお日本はおま国なのでBATポイントと呼ばれるポイント)がもらえる
  • BATを用いてDonateできる
  • 履歴を一切外部に漏らさない
  • 暗号通貨ウォレットを標準搭載
  • Torプライベートブラウジング機能

など、”プライベートに重きを置いたブラウザ”であることがわかる。

キャッチコピーは”インターネットをもっと素晴らしく”
初めて見つけた時、心が踊ったのを覚えている。

理想のインターネットなんて、無かった。

私はBraveブラウザの過度な期待を抱いていた。

Braveなら、インターネットの収益システムを正しく変えてくれるだろう、そう思っていた。

だからBraveの広告の不安定には驚いた。

来るときは一日に15件ほど広告が来る(これでも少ない)

来ない日は1件も来ない。

4,5月頃は割と頻繁に広告が来ていたと記憶しているが、今はそんなことは無くなってしまった。
2日に1回来れば良いほうだろう。その程度である。

広告主が集まらない理由、それはBraveの広告システムに原因があると思う。

Brave広告は、クリックすればBATがもらえる。
だからクリックが作業のように繰り返しの動作になり、宣伝効果が薄れてしまう。

普通の広告の場合、嫌でも画像を見ることになり、多少なり記憶に何かしらの影響を起こす。

「この広告、見たことあるぞ・・?」という風に、自分は記憶していなくても、脳が勝手に記憶しているものである。

こういった効果がBrave広告には無い。
だから広告主が少ないのではないかと私は思う。

Braveブラウザという幻想に縛られている

Braveブラウザは幻想だ。

Braveブラウザの目指す、広告で手に入れたBATを送り合い、サイト運営者を支援する世界は、きっと訪れない。

でも、私は今までずっと”いつかは変わるだろう”と思い、言わば惰性でBraveを使っていた。

使いやすさから目を背け、Brave Rewardsという幻のためにブラウザを使ってきた。

Braveブラウザのどこが使いにくかったのか、数個挙げてみようと思う。

Brave Shields

これは、Braveの広告・トラッカーブロックのことである。

こいつ、AIによって処理されていて、通常のAdblockでは消せない広告を消せるらしい。

と聞いていた。が、実際は酷かった。

広告は消えるものと消えないものがまばら、トラッカーブロック機能が暴走してまともにサイトが動かない

実用に耐えない場面が多かった。

「あれ、このサイトなんか動作がおかしいぞ」と思うと、だいたいこいつのせいだった。

これなら普通にAdblock拡張機能入れたほうがマシだった。

Brave Rewards

BraveのBATなどのDonate機能の総称である。

よくバグる。

一ヶ月に1回しか受け取れないのに、それがバグって受け取れないことがある。

たまに意味不明なエラー(支援してないのに支援エラーがずっと出る)などがある。

広告も全くと行っていいほどでなくなった。

これが1番の魅力なのに。

メモリ消費

メモリ消費がすごい

単純比較Chromeの1.5倍あった。
ただでさえメモリ消費の鬼であるChromeの1.5倍なのだ。

たぶん、裏でBrave Shieldsとか、その他の機能が動いているからだと思う。

改めてHPを確認してみると、Chrome, Firefoxより高速というのは書いてあるが、メモリ消費については一切触れられていなかった。

追記
実はCNETの記事で「Braveは、モバイルとデスクトップの両方で、私が今年使った中で最も高速なブラウザです。ブラウザのメモリ使用量は他のほとんどのブラウザをはるかに下回っており、ウェブサイトの読み込みははるかに速くなっています。」
と書かれていました。それがHPに載ってた。
でも、インストール直後で比較してもBraveがメモリ消費で勝ってることなんてなかったので、これガセでは?となっている

つまりはそういうことである。

高速ではない

初期の読み込みがワンテンポ遅い。

CNNのBrave, Chrome, Firefoxの比較動画を見てほしい

https://player.vimeo.com/video/371512354?dnt=true

これを見れば、Braveは広告を読み込まないから高速なだけというのがわかると思う。

つまり、アンフェアな検証だ。

ChromeとFirefoxだって、広告ブロッカー拡張を入れれば、たぶんBraveと同じレベルで高速化できる。

Braveは早くない。むしろワンテンポ遅い。

細かいフリーズ

たまに固まる。

スクロールとか、クリックとか、タブ移動とか。

いちいちストレスが溜まっていく。

いつ実装されるかわからない同期機能

Brave syncという、同期機能がある。

これはブックマーク共有のための機能であるが、これがいつまで経っても実装されない。

実は有効化することはできる。

brave://flagsにアクセスして、brave syncを有効にすると、使うことができる。

が、アップデートで設定時に落ちるようになってしまった。なんで。

まともに使えない。

ブックマーク同期ができないのは、非常に迷惑である。

スマホとブックマーク同期ができれば、もっと簡単にスムーズなインターネット体験ができるはずだ。

なのにまだ実装されない。どうして。

効率だいじに

今まで、Braveでできないことは全部Chromeを起動してやってきた。
(たまにBrave Shields外しても正常動作しないサイトがある)

Chromeなら、Brave Rewards以外普通のブラウザ機能は全部揃ってる。

果たしてどっちが優秀な選択か、考えなくてもわかる。

そろそろ、幻想を見るのはやめます。

Braveが本当の”Brave ブラウザー”になったとき、また戻ってきます。

ぼくのリポジトリが北極に保存された

df7d68a765003b8b3568067dd77c7077.png

こんな感じのバッジをGithubで貰いました。
なにこれ?って思って調べたら、千年くらいプログラムのリポジトリを北極に保存するプロジェクトで、あなたのプログラムが保存されましたよってことらしいです。

Arctic Code Vault

Arcticとは北極圏のことです。
Vaultとは保管庫という意味で、北極圏のコード保管庫という意味になります。

その名の通り、後世にプログラムを残していこうという試みみたいです。

これは、Github Archive Programの一環で、他にも石英ガラスにデータを保存する方法などが開発・進行しているようです。

保管方法

なんと、piqlFilmというフィルムに、物理的に保存されているようです。すげえ。
自分のプログラムがフィルムに保存されて北極にあるってなんか感動しますよね。

フィルムにはコードが文字としてではなく、QRコードのようなもので保存されていて

a684277b5d63072721ddbf6df740932a.jpg
(公式動画より)

このように拡大すると、バーコードなどが確認できます。

対象

  • 2019/11/13 ~ 2020/02/02までのリポジトリ
  • 2019/02/03 ~ 2020/02/02までに星が1つ以上付いたリポジトリ
  • 期間問わず、250以上の星が付いたリポジトリ

らしいです。
自分の場合は、星の付いたリポジトリと期間内のコミットと両方あったので、たぶん10リポジトリくらい保存されたと思います。

みなさんも自分にバッジが付いているか確認してみてはどうでしょうか?