バイト先のトレーナーがやばい

みなさんこんにちは。

私は某有名ファストフードチェーンでバイトしてるんですが、私の店舗のトレーナーがやばいので紹介します。

ほとんど愚痴です。

こわい

こわいです。

何か質問すると「は?」って言ってきます。は?

こっちから喧嘩売ってるのであればまぁ仕方ないんですけど、普通に仕事の質問してもは?って言われるともう質問できないんですけど。

口が悪い

まず、なんか「お前」って言ってきます。

いやお前にお前って言われる筋合いないんだが

「ちょっとそこいい?」って言えば済むところも「邪魔邪魔」って言ってきます。は?

他人へのやさしさが微塵も感じられないで

「お前が悪いだろ」

教えられてないことを質問すると「普段から聞いてないお前が悪いだろ」って言ってきます。

いや、教えられてないんだから無理だろ

うちのファストフード店では、子供向けにおもちゃを配っていますが、そのおもちゃには実は前期と後期があり、僕はそれを知らなかったので後期を事務所からとってきてしまったのですが、「確認しないお前が悪いだろ」と言われました

は?

確認も何も知らねぇし

お前が

教える

立場

なのに

教えなかったんだろうが

と思ったのですが、「すみません…」と言っておきました。

褒めてくれない

自慢じゃないですが(自慢です)入ってから数週間で調理のメニューを全部覚えて、もう何も考えなくても自然に作れるくらいになって、店長から「最近入ったバイトで一番覚えるの早くて助かるよ」と言われたんですが、なんかその先輩は「でもこいつ全然できませんよ」ってずっと否定しかしてこないんですよね

「こいつの問題は~」ってなに問題アリ前提で話し進めとんねん

褒めてくれない人の下では働きたくね~わ

弱いものいじめ

なんか年上の人にはすっげえ優しいんですよね。あと女の子。

新入り男子バイトにはすっげえいじめみたいにいろいろ言ってくるくせに。

それが一番腹立ちますね。

百歩譲って全員に対してそんな態度ならまだわかるんですが、人によって態度変えてるのがすごい腹立つ。

しかも弱いものにだけ。あほか。

仕事はできる

でもその人、経験年数が長いのもあって仕事はやっぱりちゃんとできるんですよね。早いし。

だけどさ、だったらトレーナーやめてくれよ

確かに仕事はできる人なのかもしれませんが、明らかに人材育成向いてないでしょ。

人材育成と普通の仕事は違うよ

まず、人材育成で怒るのってただの無駄です。
怒ったら仕事覚えるんか?むしろその人の話聞きたくなくなって余計に覚えが悪くなるでしょ。

それに教えるのがへたくそです。

先輩「引継ぎして」

おれ「何を引き継げばいいんですか?」

先輩「は?」

おれ「いや、引き継ぎについて教わってないのでわからないです」

先輩「やってたことだよ」

おれ「(やってたことって言っても、さっきまでオーダーやってたしオーダーなんて引き継ぐものじゃなくね・・・?やってたことの何を引き継げばいいのか聞いてるのに、これは通じてねぇな・・)」

おれ「でもオーダーやってたんで…」

先輩「はぁ、もういいわ。帰って。」

具体例でも出してくれたらまぁわかったんですが、これは・・・
もっといい教え方あったでしょ・・・

あとこんなことしてると相談できない雰囲気ができてしまって、バイトが独断で仕事進めるようになっちゃいますよ

いいんですか?独断で店破壊しますよ?

・・・・・という感じでした。

入ったばかりのころ、ほかの先輩から「わからないことがあったら質問して。わからないまま仕事はしないで」と言われたのでそうしようと思ったのですが、無理そうです

みなさんはこういう人にはならないようにしましょう

はぁ。

Fediverseとの出会い、鯖の運営、ここまでの軌跡

この記事は Fediverse Advent Calendar 2020の第四会場16日目の記事です。

noteとかに書こうと思ったんですが、せっかく先日ブログをリニューアルしたので、自分のブログに書いてみます。

まずは僕のTwitterのフォロワー向けのご挨拶。
どうも、みなとです。

まず最初にみなさんはFediverseってなんや?って思ってると思いますが、簡単に説明すると

TwitterみたいなSNSがたくさん相互につながった巨大なネットワークと思えばいいです。

そしてその一つ一つのTwitterみたいなSNSは、個人だったり企業だったりが運営しています。

そしてその大きなFediverseの中に鎮座している一つのサーバー「misskey.open-w.net」を管理しているのが、私です。

次にFediverseのみなさんにご挨拶。
始めまして、巳波みなとです。

先述したように、misskey.open-w.netというMisskey鯖の鯖缶をしています。

今回はMisskey見てたらたまたま見つけたこのアドベントカレンダーに、小さい鯖の鯖缶ですが投稿させてもらおうと思います。

この記事では、なぜFediverseを見つけ、参加したのか。なぜ一銭も入らないのに鯖缶をやっているのか。

について話していきたいと思います。

Fediverseとの出会い

簡単に言うと、Twitterに疲れて行き着いたのがここ、という感じです。

Fediverseのみんなほとんどそうでしょ?あたい知ってるよ

確かePiさんから教えてもらったんじゃないかなと思っています。本当かは知りませんけど。

Image from Gyazo

Misskeyをはじめよう

このサイトを見て、「なんか面白そ~だな~」「てか和製なのかこれすごいな」と思った気がします。

そんなわけで、Misskey.ioがまだxyzだった時代に、Misskeyへ突入しました。

Misskey.xyzでの生活

なんかオセロばっかやってた記憶しかないですね。
あとはグローバルの流れの速さにめっちゃ驚きましたね。

ローカルはかなり内輪ノリな雰囲気で、入っていくのに苦労しましたが、一方で「はじめました!」と投稿するとめっちゃリアクション付くみたいなことがあって、それはかなり良かったですね。

でも一方で、やっぱり自分にはTwitterのほうが向いているなと感じて、徐々にMisskeyから離れていきます。

Twitter危機

Twitterが、「エロ絵師凍結するぜ」みたいなことになって(本当は今までと対して変わってなかったんだけど)一斉にPawooに流れ込んだことありましたよね。
その時に同時に僕もPawooに逃げ込みました。

それがFediverseとの再会でしたね。

でも、「あ、Pawoo合わないな」と思って、次はmstdn.jpに行きました。
ここでもなんか違う感があって、結局またMisskeyに戻ってきました。

Misskey.ioでの生活

なんかMisskey.xyzがいつの間にか飛んでいて、Misskey.ioになりました。

LTLたのし~~~~~~~~っていって生活していたら、ここで

Misskey.ioのLTLが廃止されました。
原因は、開発者であるしゅいろさんがそもそもLTLが好きじゃなかったことが原因だった気がします。

ともかく、LTLしか使っていなかった私はどうしようかと思いました。
そこで思いついたのが、「自鯖でMisskey.ioと連合すれば、実質LTLじゃん」ということでした。

自鯖での生活

Nginxのリバースプロキシ設定に苦戦しつつも、なんとかサーバーを開けることができました。

鯖機はマイクラサーバーとして稼働していた自宅サーバーに、Minecraftと共存させる形で稼働。

そこそこ楽しい生活を送っています。

Twitterでは言えないようなことを投稿したり、MisskeyやMastodonならではのガジェトークを覗いたりしています。

現在はマイクラ鯖と分断して、自宅に転がっていた低スペPC上で動いていますが、非常に快適です。

なんで鯖缶やってるの?

理由は一つ、なんでも自由にできるからです。

自分の裁量で機能を取り込んだり、自分の連合したい場所だけ連合したり、なんでも思い通りです。

マジで最高。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
これがFediverseとの出会い、そして現在までの軌跡です。

これを参考にしてもしなくてもいいですが、よいFediverseライフを。

↓ウチの鯖です。登録自由です。
OpenWorld.net

バンドルカード結構いいかもねって思ってるけどどうしようって話

前々からバンドルカードに後払い機能があることは知ってたんですよ。

最近ですね、給料日前に欲しい物が発生する場合が後を絶たなくってですね、後払いしたいな~という感じが強くなってきたんでバンドルカードいいかなって思った訳なんですよ。

ちなみに今まで使っていたのはKyashです(というか今も使っています)

Image from Gyazo

こいつはかなり便利で

  • 謎技術でリアルタイムチャージができる(予めチャージしなくても、決済時に自動チャージしてくれる)
  • ポイントが貯まる(リアルタイムチャージを使えば、チャージ元のポイントも溜まって2倍お得)
  • 匿名送金ができる

などがあります
まぁ改悪されてだいぶ使いづらくなったんですが(資金移動業者になったせいで本人確認必須になったし送金も受取も本人確認必須になった)、今でもリアルタイムチャージは最強だなと思っているわけです。

でも、Kyashには後払いがない・・・
まぁ対応してるほうが少ないとは思うんですけどね。

バンドルカードポチっとチャージ

電話番号や名前などの認証をすると、後払いでチャージができる機能です。

Image from Gyazo

お支払いは次月の末日まで、最短で一ヶ月の猶予があるわけですね。

これは便利そう!と思ったんですが、まずKyashみたいにリアルタイムチャージがありません
(これはほとんどのアプリがそうです)

また、後払いに使用できる支払い方法が少ないです

  • コンビニ払い
  • ネット銀行
  • 銀行ATM(ペイジー)

のみとなっています(カスすぎ!)

ネット銀行の支払い可能銀行に、わたしが使っているソニー銀行がなかったので、私はコンビニで払うしか無いわけですね。面倒過ぎる!

ちなみにソニー銀行はペイジーも使えません

(まぁこれはバンドルカードではなくソニー銀行が悪い説もあります)

おわり

というわけで現状こんな感じです。

Kyashに関しては、私がKyash Card Liteなのもあって、すべての機能を使っているわけではないんですが、そろそろ移行してもいいかなぁと思ったりしています。

ソニー銀行さんはもう少し頑張ってください。

VANDLE CARD[バンドルカード] - 1分でカードを作って、3分でお買い物。
バンドルカードのチャージ方法 ポチっとチャージ編 | Hello Vandle[ハローバンドル]
Kyash (キャッシュ) - 決済、送金、資産形成ができるデジタルバンキングアプリ

Brave Rewardsの報酬を初めて受け取った

いやぁ、貰えないんじゃないかと思ってたら本当に貰えちゃったよ。

Image from Gyazo

8日にPayPalに入金って書いてあったんですが、割と時間かかりましたね
2020年10月15日に入金があったみたいです。

結果は7,897円。
かなり良い結果なんじゃないでしょうか。

そもそもBrave Rewardsってなんや

Brave Rewardsっていうのは、最新ブラウザであるBraveに搭載されている、広告システムのことです。

Braveは広告をブロックする代わりに独自の広告を通知として配信します。
つまりサイトの外見は損なわれないけど、広告は配信されるということです。

Braveの広告を見ると、報酬(BATポイント)を得ることができて、その報酬は好きなサイトへの支援にあてられます(支援先は自分で選べる)。

広告を表示する間隔(一時間に何個表示するなど)もカスタマイズ可能な、次世代の広告モデルです。

支援を受け取る側は、ウェブサイトやTwitterなどのソーシャルアカウントをBrave Creatorsに紐づけておく必要があり、それをするとお金がもらえる、ということです。

これで生きていけそう?

現時点じゃ絶対無理。

この金額、たしかに支援で貰ったポイントも含まれていますが、ほとんどが紹介制度によって得たポイントになります。

  • そもそもBraveの広告配信がそんなに多くない
  • まだまだBraveの知名度が高くない

という理由から、まだまだ生きていくのは難しそうです。
ですが、せっかく広告ブロックされるならBraveのほうがいいなと私は思います。

みなさんも広告ブロック使っているならぜひBraveを検討してみてください。

ここからダウンロードできます→ https://brave.com/ope682

ぼくのリポジトリが北極に保存された

df7d68a765003b8b3568067dd77c7077.png

こんな感じのバッジをGithubで貰いました。
なにこれ?って思って調べたら、千年くらいプログラムのリポジトリを北極に保存するプロジェクトで、あなたのプログラムが保存されましたよってことらしいです。

Arctic Code Vault

Arcticとは北極圏のことです。
Vaultとは保管庫という意味で、北極圏のコード保管庫という意味になります。

その名の通り、後世にプログラムを残していこうという試みみたいです。

これは、Github Archive Programの一環で、他にも石英ガラスにデータを保存する方法などが開発・進行しているようです。

保管方法

なんと、piqlFilmというフィルムに、物理的に保存されているようです。すげえ。
自分のプログラムがフィルムに保存されて北極にあるってなんか感動しますよね。

フィルムにはコードが文字としてではなく、QRコードのようなもので保存されていて

a684277b5d63072721ddbf6df740932a.jpg
(公式動画より)

このように拡大すると、バーコードなどが確認できます。

対象

  • 2019/11/13 ~ 2020/02/02までのリポジトリ
  • 2019/02/03 ~ 2020/02/02までに星が1つ以上付いたリポジトリ
  • 期間問わず、250以上の星が付いたリポジトリ

らしいです。
自分の場合は、星の付いたリポジトリと期間内のコミットと両方あったので、たぶん10リポジトリくらい保存されたと思います。

みなさんも自分にバッジが付いているか確認してみてはどうでしょうか?

Kyashのサポートセンターがパンクしてる

返金されなかったのでサポセンに問い合わせした

なんか最近Kyashのサポートからメールが一切返ってこない。

Google Domainsで移管手続きをしたら、2回失敗して、Kyashに返金されたはずが一週間経っても返ってこなかったので、Kyashに問い合わせました。

(Googleからは、カード会社に問い合わせてねって言われた)

時系列

日付 内容
3月30日 Kyashサポートにフォームから問い合わせ
4月7日(8日経過) Kyashサポートから、取引番号の確認メール(当日10:39に返信済み)
4月15日(16日経過) 未だ返信来ず(イマココ)

俺だけじゃないっぽい

Twitterで Kyash サポート って検索すると、かなり多くの「返信こない」ツイートがあった

なんでだろうね

個人的な見解(?)としては、Kyash Cardの発行でめちゃくちゃ忙しいんじゃないかなぁと思ってます。
それに加えてコロナで出社もだいぶキツいだろうしね

とりあえずクソ金欠なので早くお金返してほしいです()

だから僕はAtomをやめた

僕はAtomが好きだ。
どのエディターよりも愛していた。
だからこそ、僕はAtomをやめた。

….という茶番は置いといて、今回はAtomを使うのをやめた経緯をお話しようと思います。

Atomが好きだった

僕はAtomが好きでした。
一番最初に導入したエディターがAtomということもありますが、なによりデザインが良い。

あのマットな感じのデザイン、シンタックスハイライト、そのどれもが僕の好みでした。

ずっとAtomを使い続けるだろうな、そう思ってました。

VSCodeを導入した

VSCodeを導入した第一印象は「ごちゃごちゃしてるなぁ」でした。
Atomのように統一感がなく、アイコンもなんかすっげえ意味不明(今は結構マシになってますね)

私は、ごちゃごちゃしてるのが非常に嫌いです。
気が散るし、なにより考えることが増えるからです。
そういうのがめっちゃ苦手で、気が散るとすぐ他のモノに意識を奪われてしまうんですよね。

それでも乗り換えた

そんな、アンチVSCodeから始まった私ですが、開発を進め、どんどん難しいことに挑戦していくにつれ、徐々にAtomの欠点とVSCodeの利点に気づいていきます。

オートコンプリートが弱い

Atomのオートコンプリートが弱すぎます。
HTMLとCSSを書いてるときは、VSCodeのほうが弱いと感じる場面があった(今はない)のですが、その他では全敗。

VSCodeは、標準でほとんどの言語をサポートしているにも関わらず、Atomではほとんどの言語をサポートしていません。開発言語であるJavaScriptやCoffeeScriptでさえ、十分にオートコンプリートしてくれません。

また、オートコンプリートしてくれる追加パッケージも、AtomよりもVSCodeのほうが多いように感じました。
Atomはそもそもオートコンプリートしてくれる追加パッケージが無い場合が多く、どうしようもなかったです。

バグが多い

Atomはバグが多いです。

Atomだと、何回かソフトが落ちる経験をしているんですが、今の所VSCodeでは落ちた試しがありません。

タスクバーでまとまらない

Atomはタスクバーでまとまってくれません。
pin留めしておくと、pin留めしたアイコンではないところで起動します。

VSCodeではそんなことはありません。

Git関連の機能が弱い

Github製のエディタにも関わらず、Git関連の機能が圧倒的にVSCodeには多いです。
また、操作も非常に簡単です。

なんでこうなったし

動作が遅い

自分自身はあまり感じていなかったんですが、比較を見ると、明らかに動作が遅いらしいです。
(ぶっちゃけ僕はどっちも変わらないな~と思ってた)

単純に将来性が危うい

Atomのコミュニティは、かなり小規模になっていっています。
一方、VSCodeのコミュニティはどんどん大規模になっています。

現在、Githubにおいてコミット数は単純に2倍近くの差になっています。

issueやpull requestの差も比になりません。

また、インターネットを見ていると「AtomからVSCodeに乗り換えました」という記事を多く見かけます。
一方、「VSCodeからAtomに乗り換えました」という記事は、見たことがありません(多分あるとは思いますが、それほど少ないということです)

その他細かい所

  • gitignoreにファイル追加してもすぐに反映してくれない
  • Markdownを自動スクロールしてくれない

さようなら、Atom

かなり長い間お世話になったAtomですが、卒業することにしました。
もしも上記の問題が解決されたら、また戻ってくるかもしれませんが。