アットマークを使った代入の意味を調べる。 Ruby開発7(ミニ)


アットマークの意味

前回の記事で、文字列を代入する時、しれっと@を使っていました

【前回の記事】

例)@users[:name]

この@は必要なのかな?と思って検索してみたら
代入は [変数名] = "[文字列]" だけでできるみたいです。


だったらあの@マークの意味は・・・?
と思ったので、調べてみました。

ここのインスタンス変数の部分ですね。
つまり、この@のついた変数は、インスタンス変数と呼ばれるものだったわけです。


ここで疑問になるのが、インスタンス変数ってなんだい?って話ですけど
そのオブジェクトが存在する間有効です。インスタンス変数は、自クラスやサブクラスから参照できます。
うん。わからん。


というわけで、調べます


 インスタンス変数はクラス内で全メソッドで共通して使用することが出来ます。最初にどこかのメソッドで使用された時点でインスタンス変数は作成され、一度作成されたインスタンス変数は他のメソッドで値を取り出したり格納したりすることが出来るようになります。
メソッドってなに・・・・

ん~・・・わからん。


と思ってインスタンス関数を読み直すと・・・・


ページのことやんけ

おわり

0 件のコメント :

コメントを投稿