Node.jsって何だ?調べてみた。


Node.js

最近よく聞くこちらの言葉。Node.js。
Node.jsはいろんなプログラミング情報サイトで取り上げられていますが


サーバーサイド?非同期通信?など、意味がわからないものが出てくると思います。
なので今回はこのNode.jsを調べてみます。

公式サイト

まずは公式サイト。
Aboutという今回の記事にもってこいのページがありました。


・・・・
・・・・


これ、翻訳じゃないですか?
あと、全然意味わからん。
 各接続ごとにコールバックは発火され
なんで発火するんだよ・・・



情報サイト

お次は情報サイト。
わかりやすくまとまってるはず。


3分理解ですって!おくさん!


・・・・
・・・・


もしかして、これを理解するにはまずは
サーバーサイドというものを理解する必要があるのではないか・・・?

サーバーサイドとは

これによると、サーバーサイドっていうのは
ブラウザからのリクエストに対し、サーバーで処理してブラウザに結果を教えるということですね。


利点などは書いてあるとおりです。

それを踏まえて

もう一度

に戻って、解説を見てみましょう


要するに、サーバーサイドアプリケーション(サーバーで処理するWEBアプリ)などをすべて、今まではブラウザ側の処理に使われていたJavascript(以下JS)でやってしまおうということですね。


JSは幅広く使われている言語ですからね。
使える人は多いのではないでしょうか。



まとめ

【Node.jsとは?】
・JSをサーバーサイドで使える
・みんな同じ言語を使えるから開発が容易
・でも時と場合を考えようね

ということみたいです。
触ってみたいかも・・・・

では。

0 件のコメント :

コメントを投稿