そうだ、ジャンプ、しよう。 Unity+C#開発3



アセットを使う


さて、今回は前回の記事

でダウンロードしたモデルを実際に動かしてみましょう。



ジャンプさせる

Unityは有名ソフトウェアなので、たくさん情報が出回っています。
なので、普通にググれば出てきます。
ほらね。


というわけで、早速やっていこう


まずはUnityを起動!


適当にプロジェクト作って開きます。


ほい。


DLしたモデルを




追加します。


わーい



マテリアルを適用します

準備

さて、みなさんはジャンプするのに何が必要ですか?


・・・足?もう持ってるでしょ。


この子に足りないもの、それは・・・!!


地面だぁ~!
というわけで、地面を作っていきましょう。




Before


Cubeを作成


下に下げます


地面に仕立て上げます

次回に続く

今回は疲れたので、次回に続きます~

→次回の記事ができました

0 件のコメント :

コメントを投稿